ピアプロ

【ピアプロコラボ】出発から5年半、ミク&はちゅねがついに金星へ!

LINEで送る
Pocket

みなさまごきげんようわっしょいです☆

本日はクリプトンで一番物知りな“ドクター・フォン”さんから、何やら素敵なニュースをお預かりしました!


すでに新聞やテレビなどの報道でご存知の方も多いと思いますが、日本の金星探査機「あかつき」の金星周回軌道への投入成功が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から発表されました。
今から遡ること5年半前の2010年5月に打ち上げられ、その年の12月に金星周回軌道投入の予定がトラブルによって失敗したものの、再チャレンジのタイミングを待って5年後の今年、見事に成功しました。
関係者の皆様の多大な努力の結果の快挙でした。

実はこの「あかつき」に、“初音ミク”と“はちゅねミク”が乗り込んでいたことを、みなさんご存知だったでしょうか。
6年前の年末に開催した、ピアプロ公式コラボ金星探査機あかつきに掲載する初音ミクのイラストを大募集にご応募いただいた皆様のイラストが、3枚の金属プレートにおさめられて、「あかつき」と一緒に金星へ旅立っていたのでした。
ミクとはちゅねも、5年半の長旅の結果、とうとう金星に到着したのです!

そもそも、JAXAでは「あかつき」の応援・広報活動として「募集したメッセージを金星へ送る」というキャンペーンを行っていました。ニコニコ動画を中心に活動し、初音ミクの人工衛星を宇宙に飛ばそうと頑張っている「ニコニコ技術部・SOMESAT」のみなさんが、「ミクを金星に送ろう」というネット署名活動を展開、「1万筆集まったらパネル1枚が専用で使える」とのJAXAのご提案になんと1万3849人の方が賛同を表明していただき、最終的に3枚のパネルにミクとはちゅねのイラストを掲載できる、ということになりました。

これに弊社もお手伝いをさせていただき、「piapro(ピアプロ)」で公式コラボを開催してイラストを募集、SOMESATの象徴的にも扱われているはちゅねミクも対象キャラクターとしてイラスト内に描いていただくよう、はちゅねミクの生みの親、“Otomania”さん、“雪乃たまご”さんのご協力もいただいて、わずか2週間の開催期間ながら、数多くのクリエイターにご応募をいただきました。
応募作の中から、最優秀賞1点、その他優秀賞4点を選出、その他の応募作と合わせて、これらを12cm×8cmの金属プレート3枚に縮小印刷してあかつきに搭載したのでした。

このあたりの経緯から打ち上げの日の様子につきましては、超電磁Pこと“森岡澄夫”さんがITmediaへ寄稿された、以下の記事が詳しいです。

初音ミク「あかつき」に搭乗! 種子島で実機を見てきた[2010年4月8日]記事はこちら>>

初音ミクついに宇宙へ! 「あかつき」打ち上げ成功[2010年5月21日]記事はこちら>>

それではここで、改めて最優秀賞作品をご覧いただきましょう。

■最優秀賞(“こころりP”さん「星のうた」)

h20151210_1

今改めて見ても、金星へ行くぞ!という想いが伝わってくる素敵な作品ですね。

こちらの作品以外にも、特別賞が多数設けられました。その他の受賞作品、および前応募作品はこちらからご覧ください。

「金星探査機あかつきに掲載する初音ミクのイラストを大募集」結果発表ページ>>

長い長い旅路の果てに、無事皆様のイラストとともにミクとはちゅねを金星へ届けていただいたJAXAの皆様、本当にありがとうございました。また、イラストをお寄せいただいたクリエイターの皆様、このアイディアを発案しJAXAに提案していただいたSOMESATの皆様、そしてこのコラボを応援していただいたファンの皆様、本当におめでとうございます。

この報告のエントリをもって、無事本公式コラボは完了しました。
しかし「あかつき」は、金星探査のミッションを終えた後も、はるか遠い未来の先まで、金星を回り続けるのだそうです。
皆様の思いと願いを刻みこんで、ミクとはちゅねの宇宙の旅はずっと終わることがありません。
SF作家の山本弘先生が、そんな想像を素敵な短編小説『喪われた惑星の遺産』として、SFマガジン2011年8月号に掲載してくださっています。
こちらもぜひお読みいただければ幸いです。

以上、ドクター・フォン(ver. 黒)でした。


“ドクター・フォン”さんの感極まる思いが見事文章に表れておりますな。。!

社内の誰よりもこのニュースを喜んでいる“ドクター・フォン”さんでした☆
しかしミクさんマジグローバルを通り越して、マジ宇宙的。。!(ノ゚ο゚)ノ

それではまたお会いしましょう☆

わしょ)