お知らせ

【その他(お知らせ)】超歌舞伎『花街詞合鏡』ニコニコ超会議2017で上演

LINEで送る
Pocket

みなさんこんにちは。

昨年大好評を得、一昨日に本ブログでも紹介しましたように、第22回AMDアワードの大賞/総務大臣賞をはじめとする数々の賞をいただいた「超歌舞伎」が、今年のニコニコ超会議2017でも上演されることになり、その詳細が発表されました!

今年の演目は『花街詞合鏡』(くるわことば あわせかがみ と読みます)。昨年の『今昔饗宴千本桜』が、「歴史上の人物たちの壮大な物語」という性質の「時代物」だったのに対し、今年は「市井の一般人の生活」を描く「世話物」になります。そのあらすじをここでご紹介。

 

廓 -くるわ- の街でこの世の菩薩にたとえられる花魁道中 -おいらんどうちゅう- を見た町娘の未来(初音ミク)は、その艶やかな姿を見て花魁になることに憧れる。そして時は流れて、未来は初音太夫 -はつねだゆう- の名で、最高位の花魁となる。そんな初音太夫の前に現れたのは、いま評判の男伊達 -おとこだて- 八重垣紋三 -やえがきもんざ- (中村獅童)。廓で生きるうちに、街の色に染まってしまった初音太夫であったが、紋三が現れたことにより、忘れていた感情を取り戻していく。やがて相思相愛となった紋三と初音太夫であったが、初音太夫に思いをよせていた蔭山新右衛門 -かげやましんえもん- (澤村國矢)がふたりの前に立ちはだかり…。さらに紋三の所持する刀の力によって判明する、紋三と新右衛門の意外な関係性とは…。

 

緊迫感も感じられる、迫真の恋物語になりそうですね!
キービジュアルも発表されていますが、ミクが履く下駄の高さにびっくりしました。髪、長いですからねえ……。

昨年に引き続き、初音ミクと共演してくださるのはあの中村獅童さん。また、昨年敵役として登場した澤村國矢さんに加え、昨年からミクに歌舞伎の所作を指導してくださっている中村蝶紫さんが今年は舞台に上がられます。

そして、インターネットユーザーの集合知により制作されたキャラクター『重音テト』の出演も発表されました!重音テトオフィシャルサークル「ツインドリル」のブログでもこの件が発表されておりますので、ご覧ください。

さて、廓でテト、といえば、皆様ご存知のこの楽曲!本作の劇中歌には、重音テトの名曲・亜沙さんの『吉原ラメント』が採用です!

どういう結末に向かうのか、興味は尽きない今年の超歌舞伎。こちらは4月29日(土・祝)、30日(日)の両日、幕張メッセ内の幕張メッセイベントホールにて、13時と16時に上演されます。「ニコニコ超会議2017」の入場者(入場料必要)であれば、先着順でどなたでも無料でご観覧いただけます。また、本作を確実に着席で観覧できる「超歌舞伎 supported by NTT 「花街詞合鏡」超桟敷席(指定席付入場券)」も販売中です(売切次第販売終了)。

 

前売券情報
◆超歌舞伎 supported by NTT 「花街詞合鏡」超桟敷席(指定席付入場券)
詳細ページ:http://www.chokaigi.jp/2017/ticket/#ticket_kabuki
・4月29日(土) 第一部(13時)/第二部(16時):各部4,000円
・4月30日(日) 第一部(13時)/第二部(16時):各部4,000円
*「超歌舞伎」を優先的に観覧でき、「優先入場口」から超会議に入場できるスペシャル入場券です(売切次第販売終了)
◆「ニコニコ超会議2017」一般入場券
詳細ページ:http://www.chokaigi.jp/2017/ticket/#ticket_normal
・2日通し券:前売り2,500円
・1日券:前売り1,500円/当日2,000円
*「一般入場口」から入場する前売り入場券です。無料で「超歌舞伎」の観覧が可能です(会場先着順)

 

その他、超歌舞伎の詳細はこちらをご覧ください。

ニコニコ動画には本作の告知映像制作ドキュメンタリーもアップされております。舞台裏も要チェックですね!

昨年の反響の高さから今年も新作上演が決定となった「超歌舞伎」、ぜひご観覧ください。
皆様のご来場をお待ちしております!

【2017年3月17日9時30分】
演目の記載が誤っていたのを修正いたしました。関係者およびファンの皆様にご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。