お知らせ

【その他(イベント)】「第10回札幌国際短編映画祭UGCアワード2015」受賞作品発表!

LINEで送る
Pocket

みなさま、こんにちわっしょいです!

さてさて☆
先日ブログでもお伝えしていましたが10月10日(土)「第10回札幌国際短編映画祭 UGCアワード2015」が開催され、受賞作品が発表されました♪(o゚∀`o)

O15101601

選ばれた作品が気になりますね!!!
さっそくですが、審査員のコメントと一緒にご紹介したいと思います(*´▽`)

◆最優秀賞
ロストボーイの手をとって 監督:R太
O15101602 

作品はこちらから>>

【審査員コメント】
達者な動画とタイミングからくる高揚感が見事。楽曲、歌詞、映像すべてがいい意味で脱力した絶妙なセンスで、見ていて気持ち良かった。

◆優秀賞
RED ENCROACHMENT-3DPV 監督:IKEDA

O15101603

作品はこちらから>>

【審査員コメント】
映像自体の完成度は申し分無い。マニアックな作り込みを武器に「やりたい放題」なのが良い。技術力に圧倒され、個人制作の到達点といった印象。

◆優秀賞
キャラメルヘブン 監督:Not-116

O15101604

作品はこちらから>>

【審査員コメント】
絵をなるべく描かない作品が多い中で、本作品は描かれた数が多く、そのサービス精神が清々しい。ネタやアイデアも豊富で全く退屈しない。微妙な動かし方も芸が細かい。


<UGCアワード審査員>

髙橋クニユキ:
国境を問わず常に独特の世界観を持ち、世界各国のプロデューサー、DJから高い評価を得ている音楽家。ジャンルレスな音楽形態を持ちながら、日々新しい音楽の形をクリエイトしている。近年はドイツ、ロシア、スウェーデン等でのライブを経て数々の各国アーティストと共作活動を進行中。

伊藤隆介(北海道教育大学 映像研究室 教授):
フィルムのミディアムとしての物質性、ビデオの伝達メディアとしての特性などをテーマにした映画やビデオ・インスタレーションを主に制作している。
http://www.ne.jp/asahi/r/ito/indexjpn.html

宮沢もよよ(トラックメイカー/ボカロP):
クリエイティブユニット「QUADROPHENIA」所属のトラックメイカー/ボカロP。
エレクトロニカに影響を受けたサウンドと幻想的な世界観が特徴。
ハイパーエレクトロニカの完成を夢見て日々活動中。
http://quadrophenia.cc/

以上が受賞作品でした!
受賞されたみなさま、おめでとうございました☆
どの作品も本当に素敵ですねえっ(* >ω<)=3

最優秀賞にはRICOHの「THETA」、優秀賞には「SONICWIRE取扱効果音サンプルパックおよそ3,000円分」と「初音ミクグッズの詰め合わせ」が贈呈されました!

最後にちょっとだけ当日の様子もご紹介!

O15101605
O15101606

自分の作品が映画館で上映されるってどんな感覚なんでしょうね・・・(* >ω<)=3

さらに!
今年の「クリプトン・ベスト・サウンド・アワード」受賞作品や、アワードセレモニーで会場を盛り上げた(?)特製トロフィーの解説等が、下記ブログで紹介されています。
こちらも是非合わせてご覧ください☆

ラボプトンブログ>>

「第10回札幌国際短編映画祭」についてはこちらから♪
「第10回札幌国際短編映画祭」公式サイト>>

それでは、またお会いしましょう!

わしょ)