お知らせ

【その他(イベント)】展覧会「ぼくらが日本を継いでいく-琳派・若冲・アニメ-」京都髙島屋で9/13(水)より開催!

LINEで送る
Pocket

みなさんこんにちは!
本日はこちらの展覧会のご案内です!

 

京都髙島屋で9/13(水)~9/25(月)の期間、展覧会「ぼくらが日本を継いでいく-琳派・若冲・アニメ-」が開催されます!

こちらの展覧会では琳派や若冲など日本画の世界と現代のキャラクターが融合した日本画をご覧頂くことができます。この日本画は2015年に京都国際マンガミュージアムで開催された「琳派オマージュ展」で好評を博した「豊和堂」の絵師による作品となります。

「漫画やアニメを琳派的手法で描くとどうなるだろうか?」という発想から誕生した、「琳派」と初音ミクなど現代のキャラクターを融合させた作品の数々をご覧いただくことができますので、京都髙島屋にお越しの際は是非お立ち寄りください!

 

会場にはなんと本展覧会で日本画として描かれた初音ミクの着物を、ドルフィードリーム「初音ミク」用に京友禅で制作!着付けして特別展示致します!

 

特別協力:株式会社ボークス
着物制作:豊和堂株式会社

 

ぼくらが日本を継いでいく-琳派・若冲・アニメ-

会期:2017年9月13日(水)~9月25日(月)
入場:午前10時~午後7時30分(午後8時閉場)
※最終日は午後4時30分まで(午後5時閉場)
会場:京都髙島屋7階グランドホール(京都市下京区)
入場無料
主催:RINne Associe・京都新聞 / 後援:京都市 / 特別協力:細見美術館

髙島屋特設サイト:ぼくらが日本を継いでいく>>

 

【琳派とは】

約400年前、俵屋宗達・本阿弥光悦らによって始まった大和絵と呼ばれる日本画の復興。
その技法、描き方は、彼らに強く憧れた画家である、尾形光琳によって広く伝えられることになった事から、光琳の「琳」をとって、「琳派」と名付けられます。

その後も琳派は、数々の魅力的な日本画家達に承継されて行き、京都や江戸の人々を深く魅了したのみならず、19世紀には万国博覧会を通じて、「印象派」の画家をはじめとした、ヨーロッパの絵画の流れにも大きな影響を与えました。現代美術家たちにも琳派の流れが見出されています 。

 

日本画と現代のキャラクターの世界に触れ、ぜひ芸術の秋を深めてくださいね♪
それではまたお会いしましょう!