10
音楽

海外でのVOCALOID楽曲の人気について

こんばんは!KarenT担当のkimです。
突然ですが「海外で配信が伸びている件」について急ぎ情報を公開させて頂きます。
まずは下記の折れ線グラフをご覧ください。

【iTunes StoreにおけるKarenT単曲ダウンロード数の推移】



こちらはJP(日本)とUS(アメリカ)とEU(ヨーロッパ)のダウンロード数(DL数)の推移です。
USのDL数は大体JPの半分強ぐらいのDL数だったのですが、2009年12月にUSでの配信が急上昇。今年1月にはJPを上回るDL数を記録しています。


また単曲とアルバム(シングル含む)を混ぜた全ての配信における国別の割合は5月では下記のようになっています。


日本…51.2%
アメリカ…40.9%
ヨーロッパ…4.1%
カナダ…2.5%
オーストラリア…1.1%
メキシコ…0.1%

理由として考えられるのは、昨年から海外メディアなどにも取り上げられる事が多くなったことや、配信サイトHearJapanによる告知、Youtubeの動画からiTunesへのリンクが効果を生んでいる、もしくは、海外のファンがiTunesにて「初音ミク」「鏡音リン」などのタグを検索している可能性が考えられますが、他にも大きな要因はあると思いますので、リサーチしていきたいと思います。

他にも、売上げに対する割合は少ないですがAmazon MP3の展開も、海外需要を補完すべく順調に進んでおります。こちらの将来性にも期待ですね。

P.S.
ちなみに”海外にもっとアピールを!”という気持ちで今年の3月の中頃からfacebookでの情報発信をスタートしております。

本日で3400人のリンク。実は7月19日までは700人未満だったのですが、TinierMeとのコラボのおかげて数日で2500人以上増えました(^^
ありがたいお話です。海外での知名度アップの為のタイアップは続けなきゃデスね(^^

まだ人数が増えたあとの情報は取れていないので、お伝えできませんが700弱だったころの男女比は男性:女性=41%:57%(合計で100%にならない・・・)。年齢の分布は13歳~17歳が52%、18歳~24歳が39%、他8%といった感じです。
海外でも若い方に広がっているようですね。情報更新後のデータが楽しみです!

ということで、また時々情報お伝えしていきたいと思います。

LINEで送る
Pocket

10 Comments

  1. おめでとうございます。
    今後どのように世界に広がっていくのか、楽しみです。
    ところで、先日PVの配信も始まりましたが、家庭用テレビ向けに配信する予定はありますか?
    PlayStationStore等で配信されたら、喜んで購入したいと思っていますが。

  2. [初音ミク][Vocaloid][海外の反応]

    初音ミクみく クリプトン社の調査でもボカロな「10代女性」ファンが多かったらしい件 ■関連リンク ねとらぼ:iTunesのボカロ曲、売り上げの3割が米国…

  3. 東南アジアや中南米といった新興国の子ども達が、自国の言葉でボカロ曲を口ずさんでくれればいいのではないかと思います。
    北米の売上については、一過性のものなのかもしれません。
    そのうち、MP3ファイルに英語や中国語の歌詞をつけたファイルサーバーが立ち上がって、そこからダウンロードされるようになるのではないでしょうか。
    もうすでに、CGデータのほうは、MMDのモデラーさんとトラブルを起こしているようですし。

  4. 連投失礼します。
    今後の対応策として、ファンサブをやっている人たちを圧倒するくらいの質及び量の作品を商品化していけばいいのではと思います。
    マイリス200以上の良曲を随時商品化していけば、購入実績は伸び続けるかもしれません。
    KarenTの中の人には、ぜひともがんばって欲しいです。

  5. youtubeの動画コメント欄(多分「炉心融解」だったと思う)で、
    「この曲、大好き。mp3欲しいよね」
    「落とせ」
    「どうやって?」
    「iTunesで普通に買えるよ。『hatsune miku』で検索してみ」
    「うそ」「まじで?」「あったし」「ありがとう」
    という内容の英語の書き込みが交わされているのを少し前に観ました。
    youtube動画も、タイトルがローマ字になっていると
    英語コメントしていいと思うようです。
    ご参考までに。

  6. 日本国内でも、無許可に営利目的で着うたを配信されたというトラブルを聞くので、それならボカロ関係に実績のあるKarenTに頑張って頂いた方がいいのではないかと思います。
    最初から断られる場合は仕方がないですが。

  7. VOCALOIDが世界に広がってゆく・・・素晴らしいことですね。
    個人的にはミクばかりではなく、レンやリンやルカも積極的に展開すると
    さらにブームに広がりと奥行きが出て良いと思います。

  8. 皆さん、コメント有難う御座います。また、返信が遅くなりまして申し訳ありません。海外に対するアプローチに関しましては、各種メディアさんと相談の上、鋭意調整中となっております。調整が付き次第、順次発表して参りますので、引き続き宜しくお願いいたします。

Comments are closed.