イベント

【その他(イベント)】琳派×初音ミク展示会開催中!

LINEで送る
Pocket

皆さま、こんにちわっしょいです☆

本日は「去年の京まふに行きそびれた~!><;」という方に朗報!

昨年の京まふで開催され、大好評を博した「琳派オマージュ展」で展示していた、琳派400年を記念し、豊和堂絵師によって制作されたオマージュ作品の『初音ミク燕子花屏風図』が都内で見られるそうですぞ!(>ω<)ナヌー

それがこちら!
P1605241-2

こちらは3m近くもある金屏風で、実際に作品を見ると迫力がすごい!とのことですよ~!!
初音ミクをはじめ、様々な漫画やアニメのキャラクターを琳派的手法で描くとどうなるだろうか?
というところから、今回の琳派オマージュの作品が生まれました。

ミクの他、鉄腕アトムや火の鳥、リラックマなど様々なオマージュ作品が展示されているようです(*´∀`*)

そして、『琳派とはなんぞや?』という方は下記をちらりとご覧くださいませ!

【琳派とは】
約400年前、俵屋宗達・本阿弥光悦らによって始まった大和絵と呼ばれる日本画の復興。
その技法、描き方は、彼らに強く憧れた画家である、尾形光琳によって広く伝えられることになった事から、光琳の「琳」をとって、「琳派」と名付けられます。

その後も琳派は、数々の魅力的な日本画家達に承継されて行き、京都や江戸の人々を深く魅了したのみならず、19世紀には万国博覧会を通じて、「印象派」の画家をはじめとした、ヨーロッパの絵画の流れにも大きな影響を与えました。現代美術家たちにも琳派の流れが見出されています 。

むむむっ…
かつて日本の歴史を世界に伝えていった、大きな文化の一つのようですね・・・!(`・ω・´)

そんな文化を現代のぼくらが継いでいく!
というコンセプトで開催されている展覧会は今週末の5/29まで、入場無料にて展開しているそうですので、お近くの方はぜひ足をお運びくださいね~♪


ぼくらが琳派を継いでいく 展
~琳派の世界にキャラクターが佇む展覧会~

会期 : 5月20日(金)~29日(日) 12:00~19:00(会期中無休)
会場 : AL - 1F Main Space 東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 (www.al-tokyo.jp)

詳しくはこちら↓
http://al-tokyo.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html


是非とも要チェックですぞ~!\(^o^)/

それではまたお会いしましょう☆

わしょ)