音楽

【KarenT】E.L.V.Nさん、Wonderful★opportunity!さん、shu-tさんAVTechNO!さん、家の裏でマンボウが死んでるPさん配信スタート!

LINEで送る
Pocket

この度は「東北地方太平洋沖地震」により多くの方の尊い命が失われたことに深い哀悼の意を捧げます。
また被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

こんにちは、けーたんです。
東北地方太平洋沖地震より1週間となりますが、いかがお過ごしでしょうか。まだまだ油断できず、各地でそれぞれの問題に立ち向かっている状況が続いていると思います。不安の耐えない日々ですがお見舞いと1日も早い復興の進展を心よりお祈り致します。

今日からまた普段どおり、KarenTのVOCALOID楽曲配信のお知らせ等行っていきたいと思います。先日発表の 弊社被災地支援活動にKarenTも対象となっていますので、どうぞよろしくお願い致します!

東北地方太平洋沖地震による被災地に対する支援について >>

それでは、本日の配信をお知らせします!m(_ _"m)

E.L.V.Nさん

『cloud』

Wonderful★opportunity!さん

『ワン☆オポ!vol.04』

shu-tさん

『E.O.S.』

E.L.V.Nさん『cloud』、Wonderful★opportunity!さん『ワン☆オポ!vol.04』、shu-tさん『E.O.S.』が配信スタートとなりました!

■E.L.V.Nさん『cloud』はリンが歌う切ないロック! ぱたりと連絡が取れなくなってしまったケータイを握り締め、心がしばられたままの彼女の日々は灰色。
決別を決めて巡りだした季節にもふと思い起こしてしまう...、その切なさ・やりきれなさを叫ぶ歌声と、感情の波を表現するかのような激しいギターにグッと
聴き入ってしまいます!カラオケバージョンも収録されていますので歌っても楽しめます!

■Wonderful★opportunity!さん『ワン☆オポ!vol.04』は、瞬く間に人気曲となったTr.5「リモコン」、前回配信のTr.10「修羅ノ庭 ver.LEN
-Garden of berserker-」、そして"underfloor"とサブタイトルの付けられたストーリー仕立てのTr.1~4までの大作も収録された充実の全10曲、リンレンを
フィーチャーしたフルアルバムです!「SOUL IN VOCALOID」をテーマに作られたという今作、その迫力の歌声は必聴です!"ココロがドキドキするの。ほら。"
―生き生きとしてて楽しくなっちゃう歌声、聴いてみませんか?

■shu-tさん『E.O.S.』は4つ打ちエレクトロなMEIKOの楽曲、そしてインスト3曲を収録した作品です!Tr.1「E.O.S. -Vocal mix-」ですが、もともとインストだった楽曲
にメロディをつけたものとのこと。そのカラオケとインスト原曲がTr.3とTr.4に収録されています!Tr.2はアルバム『in the BOX』にも収録された「Change me」
のインストアレンジ!もともとインスト楽曲を得意とし活動されていたようですので、ボーカルの有無を楽しんでみてはいかがでしょうか!

そして16日配信楽曲もお知らせいたします!(´▽`)ノ

AVTechNO!さん

『III』

AVTechNO!さん

『DYE -Synthesis- 2/8』

家の裏でマンボウが死んでるPさん

『おニューのかさぶた、ペットに食われろ』

AVTechNO!さん『III』、『DYE -Synthesis- 2/8』、家の裏でマンボウが死んでるPさん『おニューのかさぶた、ペットに食われろ』が16日より配信スタートとなっています!

■AVTechNO!さん新作は『III』、『DYE -Synthesis- 2/8』の2作同時配信です!『III』は代表作「DYE」のようなハイスピードエレクトロ!あふれ来る電子音と
ルカのクールな声が作り出す、攻撃的で研ぎ澄まされた異空間に引き込まれていきます。そして、同じく収録されたTr.2「III / SAKURA」はうって変わって穏やかな曲調。
"SAKURA"とサブタイトルが付けられた楽曲がこれまでに何作かありますが、これには"とても穏やかでしっとり、そしてゆったりと聴けるように"との想いを込めて
制作されたとのこと。
さて、『DYE -Synthesis- 2/8』は昨年発表されたCD『DYE -Synthesis-』からの2曲「DYE 0」と「DYE 2 After Remix」を収録した作品です!AVTechNO!さんのオリジナル
楽曲「DYE」、「DYE 2」それぞれをELECTROCUTICAのTreowさんが再構成されたコラボ楽曲!「DYE 0」はオリジナルの雰囲気も残しつつオーケストラアレンジで作り出される
荘厳さ、刻々と変わる展開が聴く人を引き付けてやみません!あなたはどの楽曲で染まりますか?

■家の裏でマンボウが死んでるPさん『おニューのかさぶた、ペットに食われろ』、タイトルの破壊力が目を引きますが、歌詞は大事にしていた自転車「安全弁ゆる男」
を壊されたことによる呪いの歌!絶妙な嫌さ加減の呪い48個を早口で駆け抜けるメグッポイドの楽曲、1度聴いてみてください!これまでのバンドサウンドから変わって
クセのあるエレクトロになっています!似たような思いをしたことのある方、これを聴いてちょっとスッキリしてみませんか?

詳細はそれぞれの作品ページをチェックしてみてくださいね!試聴可能ですのでぜひ聴いてみてください。
それではまた。

KarenT へ >>

(K担)