イベント

「Snow Miku 2012」雪像倒壊に関するご報告

LINEで送る
Pocket

2012年2月7日
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
代表取締役 伊藤博之

 2012年2月7日午後4時半頃に、「第63回さっぽろ雪まつり」大通西6丁目にて展示をいたしておりました、「雪ミク」雪像が倒壊いたしましたことに、遺憾の意を表します。
 まず、倒壊によってお怪我をされた方に、謹んでお見舞いを申しあげます。
 また、多くの方が雪像のご観覧を楽しみに訪れます雪まつりの会場において、このような事態が起こりましたことを、大変残念に存じております。

 なお、雪像を管理・製作したさっぽろ雪まつり実行委員会と協議いたしました結果、大通西6丁目の南側に場所を移して再度「雪ミク」雪像を製作し、展示することにいたしましたので、ご報告申しあげます。
 再度製作いたします雪像につきましては、さっぽろ雪まつり実行委員会による充分な計画のもとにこれを行い、再発が起こらないように最大の努力をいたします。具体的には2011年に製作した「雪ミク」雪像と同様、雪の壁を彫って像の前半分のみを立体化する形式で行い、強度を確保いたします。

 雪像の完成は、2月11日(土)の未明を予定いたしております。その進捗状況については本ブログにて逐次ご報告申しあげます。

 なにとぞよろしくお願い申しあげます。

(参考画像:2011年の雪ミク雪像)
120207110221_02.png